新型コロナウイルス感染症への対応について

【動画】ユーシン精機が物流ロボットに参入、第1弾は自動積み付け

【動画】ユーシン精機が物流ロボットに参入、第1弾は自動積み付け

導入容易で省スペース、樹脂成形品の高速取り出し技術を活用

ユーシン精機は6月3日、工場や物流現場向けの積み付けロボット「PA」シリーズを同日発売したと発表した。

段ボールをロボットハンドで吸い上げ、パレットに積み付けていく流れ。多関節型やガントリー型の既存ロボットより導入が容易で、作業スペースをコンパクトに抑えられるのが特徴。支柱も少なくしてレイアウトの自由度を高めている。可搬重量が20キログラムの「PA-20」と40キログラムの「PA-40」の計2種類を提供する。

同社は得意としている樹脂成形品を高速で取り出すロボットの技術を応用し、人手不足が深刻化している製造業や物流業界向けロボットに参入、現場の省力化・省人化をサポートしていきたい考えだ。

本体価格(消費税別)は「PA-20」が450万円、「PA-40」が600万円で、年間50台程度の販売を目指す。


「PA」シリーズ(ユーシン精機ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事