新型コロナウイルス感染症への対応について

CREのベトナム物流施設開発事業、阪急阪神不動産が参加

CREのベトナム物流施設開発事業、阪急阪神不動産が参加

ASEANでプロジェクト経験、ノウハウ取り込みへ

シーアールイー(CRE)は7月2日、ベトナムで進めている物流施設開発事業に、阪急阪神グループの阪急阪神不動産が参加すると発表した。

CREはベトナムの子会社とシンガポール政府系でインフラ開発などを手掛けるSembcorp Development(セムコープ・デベロプメント)グループが連携し、ベトナムで物流施設事業に参入。セムコープが同国の工業団地内で開発した2棟の運営に参加しているほか、今年4月に3棟目が完成した。

阪急阪神不動産はこれまでに東南アジア諸国連合(ASEAN)エリアのうち、インドネシアとシンガポールで物流不動産の開発運営に携わった経験を持つ。同社のノウハウも活用し、経済成長が引き続き見込まれるベトナムで物流施設需要を着実に取り込んでいきたい考え。


セムコープが開発した2棟の物流施設(CRE提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事