新型コロナウイルス感染症への対応について

スマートドライブとモノフル、車両運行計画からの遅れを自動通知する新サービス開始

スマートドライブとモノフル、車両運行計画からの遅れを自動通知する新サービス開始

従来の電話連絡を代替、迅速かつ円滑な輸送が可能に

自動車の走行データを活用した各種サービスを手掛けるスマートドライブ(東京・内幸町)と日本GLP傘下のモノフルは7月10日、事前に策定した運行計画から車両がどの程度遅延しているかをリアルタイムで可視化・通知する機能「着タイム」を共同開発し、新サービスとして提供開始すると発表した。

「着タイム」と、スマートドライブが提供している車両管理サービス「SmartDrive Fleet」、移動データ分析サービス「Mobility Data Analytics」などを組み合わせることで、物流業界向けに配車最適化ソリューションを提供する。

「着タイム」は、車両の現在地を逐次把握し、到着予定時刻を算出。配車計画と比較して遅延情報と到着予定時刻を担当者にメールで通知する流れ。従来は遅れが発生した場合、トラックドライバーと運送会社、荷受け企業の間で電話を使って連絡し合う必要があった。両社は新サービスを使うことで荷受け側が時間を有効活用できるほか、運行計画の適宜変更で輸送を迅速かつ円滑に行えるようになるとみている。

併せて、「着タイム」と、スマートドライブが提供する車両の管理や稼働率の分析などの「SmartDrive Fleet」や「Mobility Data Analytics」を連携させることで、配車計画・動態管理、遅延通知・実績管理・配車の最適化まで、物流におけるPDCAサイクルをワンストップで行う体制を確立できると見込む。


提供するソリューションのイメージ(両社プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事