メルマガの配信元アドレスが変更となりました

経産省とコンビニ大手3社、8月に店舗向け共同配送の実証実験へ

経産省とコンビニ大手3社、8月に店舗向け共同配送の実証実験へ

SGHDの「Xフロンティア」に専用センター設置、各社商品を積み合わせ効率的なルート設定

経済産業省とセブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ大手3社、流通経済研究所は7月22日、各店舗への共同配送の実証実験を8月1~7日に行うと発表した。

政府が民間企業と連携して進めている「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の一環として実施。東京・江東区新砂でSGホールディングス(HD)が構えている大型物流施設「Xフロンティア」を共同物流センターとして活用し、千葉県市川市にある3社のセンターから商品をいったん運び入れ、3社の店舗が近接する地域ごとに同じトラックで納品する。

各社の飲料や菓子、日用雑貨などの常温配送商品を集約した上で積み合わせ、同一エリア内で最も効率的なルートを通り、店舗に届けることを想定。一部の商品は共同物流センターに在庫を置き、店舗別に仕分けすることも予定している。

対象はセブンとファミリーマートが13店舗ずつ、ローソンが14店舗の合計40店舗。


実験の概要(経産省ウェブサイトより引用)※クリックで拡大


ファミマの配送トラック(同社提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事