新型コロナウイルス感染症への対応について

関通が兵庫・尼崎のセンターで中国・シリウスのAMR稼働開始、生産性2・5倍見込む

関通が兵庫・尼崎のセンターで中国・シリウスのAMR稼働開始、生産性2・5倍見込む

早稲田大研究機関が導入に協力、人員は半分で可能と予想

関通は7月28日、兵庫県尼崎市の物流拠点「関西主管センター」で、中国のロボットメーカー、シリウスロボティクスの日本法人シリウスジャパン製のピッキング支援自律走行ロボット(AMR)「Syrius(シリウス)」の稼働を始めたと発表した。

シリウスは自身で撮影した画像をAI(人工知能)で解析、位置データを認識し、倉庫内を移動してピッキング対象の商品が入っている棚に移動、スタッフを誘導するタイプ。ガイドレールなどの導入が不要で既存の物流施設に取り入れる際の負荷が少ないのが特徴。

導入に際し、早稲田大創造理工学部の経営システム工学科・吉本研究所が現場設計の協力に参加。作業人員をおよそ半数に抑えると同時に生産性を約2・5倍高められると見込む。

AMR導入と併せて、関通が独自に開発、運用しているWMS(倉庫管理システム)「クラウドトーマス」と連携して使えるようにした。


稼働を開始した「シリウス」

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事