新型コロナウイルス感染症への対応について

川崎汽船、米コンテナターミナル運営子会社をインフラ投資ファンドに売却へ

川崎汽船、米コンテナターミナル運営子会社をインフラ投資ファンドに売却へ

譲渡益200億円計上予定、グループ企業の在り方見直し

川崎汽船は8月5日、米国でコンテナターミナル運営を手掛ける子会社のインターナショナル・トランスポーテーション・サービス(ITS、カリフォルニア州ロングビーチ)を、米国のマッコーリー・インフラストラクチャー・アンド・リアルアセット(MIRA)が運営するインフラ投資ファンドに売却すると発表した。

保有しているITS株式70%を全て譲渡する。関係当局の承認を経て今年10月に売却手続きが完了する見込み。株式売却益約200億円を2021年3月期に特別利益として計上する予定。

ITSはロングビーチ港に加え、子会社を通じてワシントン州のタコマ港でコンテナターミナル運営事業を展開している。川崎汽船はコンテナ船事業をONEネットワークエクスプレスに移管したのに伴い、グループ企業の在り方を見直しており、今回の譲渡もその一環。

MIRAはインフラ投資ファンドとして1356億ドル(約14兆2400億円)の資産を管理し、世界33カ国で約600の不動産などに投資している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事