新型コロナウイルス感染症への対応について

センコーGHD、グリーン物流推進の新拠点建設資金充当へ9月に環境債100億円発行予定

センコーGHD、グリーン物流推進の新拠点建設資金充当へ9月に環境債100億円発行予定

岐阜と愛知の2カ所で開発計画

センコーグループホールディングス(GHD)は8月27日、環境に配慮した「グリーン物流」を推進する新拠点の建設資金に充当するため、グリーンボンド(環境債)を発行すると発表した。

総額は100億円、発行時期は今年9月をそれぞれ予定。発行年限は5年とする方向だ。主幹事は大和証券、幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券がそれぞれ務める。

対象となるのは「岐阜羽島PDセンター」(岐阜県羽島市)と「湾岸弥富PDセンター」(愛知県弥富市)。前者は延べ床面積3万500平方メートル(うち倉庫2万6400平方メートル)で2021年4月の開設、後者は4万4739平方メートルで22年4月の開設をそれぞれ計画している。自家消費型太陽光発電パネルを屋上に設置するなど、CO2排出削減に取り組む方針だ。


「岐阜羽島PDセンター」の完成イメージ

「湾岸弥富PDセンター」の完成イメージ(いずれもセンコーGHDプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事