新型コロナウイルス感染症への対応について

山村ロジスティクス、兵庫・尼崎のESR大型物流施設に営業拠点を新設

山村ロジスティクス、兵庫・尼崎のESR大型物流施設に営業拠点を新設

6800坪使用、大手ブランドのアパレル商品取り扱い

日本山村硝子の物流子会社、山村ロジスティクス(兵庫県尼崎市)は9月23日、ESRが同市内で開発したアジア太平洋で最大級のマルチテナント型物流施設「ESR尼崎ディストリビューションセンター(DC)」内に、新たな拠点「西日本第1営業部 尼崎営業所」を7月1日付で開設したと発表した。

使用面積は約6800坪(約2万2400平方メートル)で、大手ブランドのアパレル商品を取り扱い、入出庫と保管に関する業務を手掛けている。

「ESR尼崎DC」は今年6月末に完成。延べ床面積は38万8570平方メートルに及ぶ。既に鈴与などが入居を決めている。


「ESR尼崎DC」の外観(ESR提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事