新型コロナウイルス感染症への対応について

エアバス、世界初の水素燃料航空機を35年までに開発へ

エアバス、世界初の水素燃料航空機を35年までに開発へ

CO2排出ゼロ、環境負荷減らし鉄道などに対抗

欧州の航空機大手エアバスは9月21日、地球温暖化対策のため、世界で初めて水素を燃料とし、CO2を排出しない航空機を2035年までに開発する計画を発表した。

コンセプトモデルとして3機のデザインを公表。主翼が機体と一体になり、最大100席分の乗員が可能な「全翼型」と、通常の航空機に近い「ターボファン型」「ターボプロップ(プロペラ)型」をお披露目した。全翼型は航続距離を3700キロメートル以上と見積もっている。

水素は液体で貯蔵し、エンジンで燃焼させるほか、燃料電池を用いて電力を生み出すことも検討している。

環境意識が高まっている欧州で水素燃料の航空機を投入し、環境負荷の低い移動手段として鉄道などに対応したい考えだ。


「全翼型」のコンセプトモデル(エアバス提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事