メルマガの配信元アドレスが変更となりました

輸出管理の顧客審査や品目審査を効率化する「安全保障貿易管理ソリューション」最新版提供開始

輸出管理の顧客審査や品目審査を効率化する「安全保障貿易管理ソリューション」最新版提供開始

日立ソリューションズ、サプライチェーンの再構築で柔軟な対応可能に

日立ソリューションズは7月13日、引き合いから出荷までの一連のプロセスについて、輸出管理業務の顧客審査や品目審査(該非判定※)、取引審査をワークフローシステム化し、業務効率向上を支援する「安全保障貿易管理ソリューション」の最新版を7月14日から提供すると発表した。

最新版では担当者が管理したい国内外の法令と判定指針、加えて独自の項目・条件などを登録できるようになり、新しい法令や改正に柔軟に対応し、適切な該非判定や取引審査を行える。

また、国内の輸出入手続きを一元的に取り扱うNACCS(輸出入・港湾関連情報処理システム)の輸出入実績データを取り込むこともできるため、担当者はNACCSで処理された全ての輸出入実績の内容を把握した上でより適切に管理できる見通し。

同社はユーザーの企業が最新版活用で、経営環境の変化に応じたサプライチェーンの再構築を進める上で輸出管理業務についても柔軟な対応が可能となり、法令順守とさらなる業務効率向上を実現できるとみている。

※輸出しようとしている製品が、外為法で規制されている品目に当たるどうかを判別すること

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事