新型コロナウイルス感染症への対応について

富士通やサイバーエージェントなど、オンライン服薬指導で処方薬の安全・確実な配送担保へ共同実証

富士通やサイバーエージェントなど、オンライン服薬指導で処方薬の安全・確実な配送担保へ共同実証

ブロックチェーン活用し、関係者間で情報を迅速に共有

富士通とサイバーエージェント、富士通研究所、MG-DXの4社は10月15日、オンライン服薬指導で処方された医薬品の安全・確実な配送を担保するため、ブロックチェーン技術を活用した情報連携の仕組み構築を目指すと発表した。10月1日に4社で共同実証プロジェクトを開始した。

富士通研究所が開発した関係者間で情報を迅速に共有できる技術「IDYX(IDentitY eXchange)」を活用。調剤薬局や配送事業者、購入者などの関係者が、購入者の属性や医薬品の配送状況といった情報を相互に確認できるプラットフォームを立ち上げ、まずは医師の処方がなくても薬局やドラッグストアで買える「OTC医薬品」の配達から実証実験に臨む。プロジェクトは2021年9月までを予定している。

4社は21年度中に情報連携の仕組みを実用化し、オンライン服薬指導の普及に貢献したい考えだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事