新型コロナウイルス感染症への対応について

JA三井リースとスターフェスティバル、冷凍冷蔵車リースの新会社を設立

JA三井リースとスターフェスティバル、冷凍冷蔵車リースの新会社を設立

低温配送のニーズ増対応、数年内に2000台体制目指す

リース大手のJA三井リースと飲食店参入支援や料理の宅配などを手掛けるスターフェスティバル(東京都渋谷区恵比寿)は11月2日、冷凍冷蔵車のリース事業「コネクテッドカーリース」を担う新会社「スタロジリース」(東京都中央区銀座)を共同で設立したと発表した。

両社は今年1月に資本・業務提携を締結していた。新型コロナウイルスの感染拡大などで低温配送のニーズが高まっているのを踏まえ、JA三井リースが蓄積したリースのノウハウとスターフェスティバルが持つ宅配の経験を組み合わせ、需要の獲得を図る。スターフェスティバルはこれまでクーラーボックスで食品配送を展開してきたが、車両の取り扱いもスタート、事業拡大を図る。

GPSを活用したオンデマンド配送機能も開発を進めており、数年内に2000台規模まで車両を増やし、物流業界の人手不足に対応していきたい考えだ。


冷凍冷蔵車のリース(両社提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事