新型コロナウイルス感染症への対応について

ヤマト、千葉・松戸で地域貢献重点の「ネコサポステーション」開設

ヤマト、千葉・松戸で地域貢献重点の「ネコサポステーション」開設

同市2店舗目、家事サポートや暮らしの相談受け付け

ヤマト運輸は11月6日、千葉県松戸市で、地域への貢献を重視したサービス拠点「ネコサポステーション 三ヶ月店」を同日開設したと発表した。

ネコサポステーションとしては5カ所目、同市内では2カ所目となる。宅配荷物の発送や受け取りに加え、家事のサポートや暮らしの相談窓口などのサービスを提供。店舗内には無料のWi-Fiや電源コンセントを設けたスペースも設け、地域住民の交流や休憩の場として使ってもらう。

他にも、フリーマーケット(フリマ)サイトを初めて使う人向けの出品講座、子供向けの職業体験イベント、松戸市と連携した認知症サポーター養成講座、地元警察による防犯・交通安全の講座など、多様なイベントを行う計画。


「ネコサポステーション 三ヶ月店」の外観(左)と内部(以下、いずれもヤマト運輸プレスリリースより引用・クリックで拡大)


コミュニティースペース(左)とサービスカウンター

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事