LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

関西電力、電柱に宅配ロッカー設置

関西電力、電柱に宅配ロッカー設置

国内初の実験、来年3月まで京都で実施

 関西電力は11月1日、国内で初めて電柱に宅配ロッカーを取り付け、荷物を受け取る実証実験を始めたと発表した。

 どこにでもあり、電源を有していて位置もすぐに分かる電柱を設置場所として提供することで、従来は宅配ロッカーを置けなかったアパートなどの近くにも整備できるようになるとみている。

 来年3月15日までの間、関電と宅配ボックスなどを手掛けるフルタイムシステム(東京)、電力設備の日本ネットワークサポート(大阪市)の2社が連携し、京都府精華町の賃貸マンションの敷地内などにある電柱3カ所にタッチパネル式の宅配ロッカーを設置。宅配大手3社も実験に協力している。

 関電などは利用頻度などを見極めた上で、実用化を図り、宅配再配達削減に貢献したい考え。

(藤原秀行)


電柱への宅配ロッカー設置のイメージ(関西電力提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事