ヤマト、車いすバスケ向けの輸送専用資材を開発

ヤマト、車いすバスケ向けの輸送専用資材を開発

繰り返し使えるカバータイプで負荷軽減

ヤマトホールディングス傘下のヤマト包装技術研究所は3月8日、車いすバスケットボール向けの輸送専用資材を開発したと発表した。男子強化指定選手24人に提供した。

従来は布団袋や段ボールなどで1台ずつ梱包、開封していた。サイズや形状の影響で宅配便を利用できないこともあり、輸送の手間が非常に掛かっていた。

新たに開発したのは車いすにかぶせるクロロプレンゴム製カバーのため、運ぶ際の負荷を大幅に軽減できると見込んでいる。同社は何度も繰り返し使えるため、廃棄もなくなるとみている。


新たに開発した車いすバスケットボール向けの輸送専用資材

実際に体験する選手たち(ヤマト包装技術研究所提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

ヤマトホールディングスカテゴリの最新記事