新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】アイリスオーヤマ、茨城・つくば工場内に生活必需品の備蓄倉庫を増設

【新型ウイルス】アイリスオーヤマ、茨城・つくば工場内に生活必需品の備蓄倉庫を増設

コロナ禍でも安定供給可能なサプライチェーン構築

アイリスオーヤマは11月19日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、医療用マスクと除菌ウェットティッシュを新たに宮城県角田市の「角田工場」で生産すると発表した。

約10億円を投じ、2021年秋以降に医療用N95マスクを月産1万枚、除菌ウェットティッシュは100万個を目指す。

併せて、茨城県阿見町の「つくば工場」敷地内に、コロナ対策関連品や生活必需品を備蓄するための第2倉庫を増設することも決めた。有事の際でも安定供給が可能なサプライチェーンの構築を図る。

延べ床面積は1万7833平方メートルで、設備投資額は約25億円を計画。21年度中の竣工を見込む。新規に50人を雇用する方向だ。


全国の工場位置(アイリスオーヤマ提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事