メルマガの配信元アドレスが変更となりました

パナソニックがマイナス70度の保冷が可能な真空断熱ボックス開発、ワクチン輸送にも活用可能

パナソニックがマイナス70度の保冷が可能な真空断熱ボックス開発、ワクチン輸送にも活用可能

20年度末からサンプル提供開始、早期実用化目指す

パナソニックは1月21日、マイナス70度の超低温を最長で18日間保つことが可能な真空断熱保冷ボックス「VIXELL(ビクセル)」を開発したと発表した。ワクチンなど医薬品の輸送に活用できると見込む。

ボックス内に設けた蓄熱ユニットの内外に保冷剤を充填、低温を維持する仕組み。一般的な保冷容器と異なり、断熱材を継ぎ目なくボックス内に入れ込み、冷機が外部に漏れ出すのを防いでいるのが特徴。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

2020年度末から製薬会社や流通業者などへのサンプル提供を開始し、早期の商品化を目指す。


「VIXELL」(パナソニック提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

詳細はコチラから(パナソニックウェブサイト)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事