メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ヒューリックが物流施設開発に参入、第1弾は東京湾岸エリアで2万平方メートルの案件

ヒューリックが物流施設開発に参入、第1弾は東京湾岸エリアで2万平方メートルの案件

千葉・野田でも用地取得済み、展開を加速へ

東証1部上場の不動産会社ヒューリックは2月15日、物流施設開発に参入したと発表した。

第1弾として、東京都江戸川区臨海町で保有している「ヒューリック葛西臨海ビル」の敷地内で、未利用の建築物容積分を活用した増築の形で物流施設「ヒューリックロジスティクス葛西」の開発に着手した。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

同施設は鉄骨造の地上5階建て、延べ床面積は1万9923平方メートルを計画。2022年5月の竣工を見込む。

首都高速道路湾岸線の葛西ICから約700メートルに位置。JR京葉線の葛西臨海公園駅から徒歩13分、東京メトロ東西線の葛西駅からバス7分・徒歩1分と通勤の利便性に優れ、豊富な周辺人口にも恵まれた雇用確保に有利な立地環境を備えている。

併せて、開発地の一帯は水害に強いとされる江戸川区地域防災拠点に指定されており、BCP(事業継続計画)のニーズを満たせると見込む。

床荷重は1・5トン、柱間隔10メートル以上、梁下有効高5・5メートル(基準階)をそれぞれ確保。ヒューリック葛西臨海ビルの24時間開放しているカフェテリアや商談にも使えるロビースペースなど共用施設を利用可能とする予定。

同社は駅前など一等地にあるオフィスビルへの投資を積極的に行っており、安定した収益を見込める物流施設もポートフォリオに加え、業績を伸ばしていきたい考えだ。

第2弾として、千葉県野田市で物流施設の開発用地を取得済み。延べ床面積が約2万8900平方メートルの物件を開発する方向で調整しており、竣工は24年の予定。同社は今後も物流施設の開発を加速していく構えだ。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO


新施設の開発エリア地図(以下、いずれもヒューリックプレスリリースより引用)


完成イメージ(手前側が物流施設)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事