メルマガの配信元アドレスが変更となりました

CPD、埼玉・草加で5・4万平方メートルの物流施設開発へ

CPD、埼玉・草加で5・4万平方メートルの物流施設開発へ

マルチテナント型を想定、BTSのニーズにも対応

センターポイント・ディベロップメント(CPD)は4月16日、埼玉県草加市で新たなマルチテナント型物流施設「CPD草加(仮称)」を開発すると発表した。このほど、開発用地を取得した。

用地は約2万2000平方メートルで、新施設は地上5階建て、延べ床面積は約5万4000平方メートルを計画。BTS型への変更にも応じる。竣工時期は未定。

東京外環自動車道の草加ICと外環三郷西IC、首都高速道路6号三郷線の八潮南ICからいずれも約4キロメートルに位置している。首都圏向け保管・配送拠点として利便性が高い上、北関東や東北地方を対象にした広域向けの物流拠点としても適している。

シングルランプウェーで大型トラックが1~4階へ直接アクセスできる設計を採用し、1フロア当たり約2500坪(賃貸区画)、最小約1200坪(同)からの分割利用を見込んでいる。


「CPD草加(仮称)」の完成イメージ(CPDプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事