LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

ダイキンが欧州の冷凍・冷蔵機器大手AHTを買収へ

ダイキンが欧州の冷凍・冷蔵機器大手AHTを買収へ

店舗向けショーケース取り込みコールドチェーンに一貫対応

 ダイキン工業は11月26日、オーストリアの冷凍・冷蔵機器大手で欧州向け商業用冷設のリーディングカンパニーであるAHTを買収すると発表した。

 買収価格は8億8100万ユーロ(1145億円)。子会社のダイキンヨーロッパを通じて、AHTの出資者である英系ファンドのブリッジポイントから全株式を取得し、2019年1月に買収を完了する予定だ。

 ダイキンは戦略経営計画「FUSION20」で商業用冷設事業の拡大を重点施策の一つに掲げ、欧州では省エネ性の高い冷凍・冷蔵システムの販売強化、16年にはイタリア系業務用冷凍・冷蔵機器メーカーのザノッティを買収。食品加工・貯蔵庫向け、海上コンテナ・トラック・バン向け輸送用冷凍機などに事業領域を拡大してきた。その一方で最終消費者と最も接点が多いショーケースを製品ラインアップに保有していないことから、AHTを傘下に収めることでコールドチェーンの上流から下流に至る製品・サービスがワンストップで提供可能になる。

 AHTはスーパーマーケット向け冷凍・冷蔵ショーケースの専業メーカー。冷凍ユニットが内蔵されているタイプのショーケースではナンバーワンのシェアを誇り、世界展開する大手有力スーパーマーケットを顧客に抱える。今買収を通じて製品・サービスの拡充、欧州での事業基盤固め、北米市場、冷凍・冷蔵ニーズが急速に高まっているアジア市場での展開を推進する方針。

 新たな事業と顧客基盤の獲得に加え、機器の設置工事から試運転、保守までを一括で請け負うサービス機能を充実。ショーケースや低温倉庫、空調を含めた店舗全体の設計や遠隔監視・制御、故障予知、複数店舗の最適管理などのソリューション事業も拡大していく。

 食品関連の冷凍・冷蔵機器市場は世界で約4兆円規模と試算され、このうちスーパーマーケット向けのショーケースや冷凍機といった商業用冷設は約1兆7000億円とみられる。欧州の市場規模は約5000億円で今後も年率5%程度の伸びが見込まれ、更新頻度の高い店舗向けショーケースは6%程度の成長が期待されているという。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事