メルマガの配信元アドレスが変更となりました

GROUND、物流施設の庫内作業を包括的に効率化する新システム開発を正式発表★詳報

GROUND、物流施設の庫内作業を包括的に効率化する新システム開発を正式発表★詳報

作業の進捗をリアルタイムで表示、8月に提供開始へ

GROUNDは6月15日、物流施設の庫内作業を包括的に効率化する新たな情報システム「GWES(ジーダブリューイーエス、GROUND Warehouse Execution System)」を開発したと正式に発表した。今年8月2日にサービス提供を始める予定。

同社は昨年9月からAIを駆使した物流ソフトウエア「DyAS(ディアス)」を展開。物流施設内の在庫配置最適化などをサポートしてきた。GWESは新たに施設内の仕分けやピッキングといった作業の進捗状況をリアルタイムで表示、事前の想定から遅れが生じても迅速に対応できるようにする機能などを追加している。DyASをGEWSに統合する形であらためてシステムを提供する。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

GWESはこのほか、施設内に導入している複数のロボットの稼働状況を管理したり、施設内のレイアウトや動線といった情報をデジタル化したりすることも可能。物流施設の統合管理を実現する。

GROUNDはトラスコ中山と資本・業務提携し、同社の物流基盤の機能向上をサポートする計画。トラスコ中山が2024年に愛知県内で本格稼働させる予定の物流施設でGWESを導入、自動化を強力に後押しする計画。

東京都内で同日、記者会見したGROUNDの宮田啓友社長CEO(最高経営責任者)はGWESに関し、販売・導入支援・保守サポート体制を強化、代理店を通じた販売にも注力する姿勢を表明。「GWESで物流の全体最適化が可能になった」と独自のシステム開発に自信を示した。

会見に同席したトラスコ中山の中山哲也社長は「GROUNDの技術力にほれこんだ。パートナーとしてぜひお迎えしたかった」と相思相愛ぶりを強調。同社の直吉秀樹取締役物流本部長は、プラネット愛知にGWESを導入することで「最高水準の競争力を備えた物流施設を実現したい」と同社が推進している物流DXの進展加速に期待をのぞかせた。


GWESの概念図


GWESの機能(いずれもGROUND提供)

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO


会見後の撮影に応じる(左から)トラスコ中山・中山社長、GROUND・宮田社長CEO、トラスコ中山・直吉取締役

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事