メルマガの配信元アドレスが変更となりました

野村不動産が埼玉・越谷で竣工の物流施設が満床稼働、Hacobuのトラック予約受付サービスを初導入

野村不動産が埼玉・越谷で竣工の物流施設が満床稼働、Hacobuのトラック予約受付サービスを初導入

人感センサー付き照明も

野村不動産は6月16日、埼玉県越谷市で開発を進めてきた物流施設「Landport越谷」が竣工、満床稼働したと発表した。Landportブランドとしては22棟目となる。

同施設は地上4階建て、延べ床面積は約3万6000平方メートル。地元の物流企業、拓洋(埼玉県八潮市)が1棟借りしている。


施設の外観(以下、いずれも野村不動産プレスリリースより引用)



エントランス

東京外環自動車道の草加ICから約7・7キロメートル、東北自動車道の浦和IC から約11・9キロメートル、常盤自動車道へのアクセスも可能。首都圏全域に加えて東北・関越・常盤・千葉の各エリアに向けても即日配達が視野に入る好立地となっている。


施設の位置

Landportブランドの物流施設としては初めて、Hacobuのトラック予約受付サービス「MOVO Berth(ムーボバース)」や人感センサー付き照明を採用。業務効率化やトラックドライバーの負荷軽減、消費電力抑制への貢献を図っている。太陽光発電パネルも設置している。

倉庫の1~3階は全面防火シャッターを設置。庫内の柔軟なレイアウト変更を可能にしている。電動シャッター開口時の有効高を5・2メートル確保し、ウィング車がウィングを開放していてもシャッターに当たらないようにして安全を担保している。

併せて、倉庫の3~4階は作業用空調を実装し、快適な労働環境を整備している。


電動シャッター・全面防火シャッター(1階部分)


作業用空調(3階部分)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事