メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本GLP、神奈川・相模原の「ALFALINK」プロジェクトで15・1万平方メートルのBTS型物流施設着工

日本GLP、神奈川・相模原の「ALFALINK」プロジェクトで15・1万平方メートルのBTS型物流施設着工

22年11月竣工見込む、庫内自動化対応し570台収容可能な立体駐車場も計画

日本GLPは6月22日、神奈川県相模原市で大型物流施設4棟を一体的かつ連続して開発するプロジェクト「ALFALINK(アルファリンク)」の一環で、新たに「GLP ALFALINK相模原Ⅱ」に着工したと発表した。同日、現地で起工式を行った。

「相模原Ⅱ」は特定企業が1棟全体を借りるBTS型施設として開発する予定。地上5階建て、PC免震構造(一部S造)で延べ床面積は約15万1000平方メートル、竣工は2022年11月を見込む。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

「相模原Ⅱ」は物流ロボット導入をはじめとした倉庫オペレーションの自動化への対応や、館内全館空調と倉庫内各階への大型シーリングファンの装備、カフェテリアの設置などを通じた就労時の快適性向上を図る予定。入居企業のニーズを踏まえ、最大で約570台を収容できる立体駐車場の併設を計画している。

さらに相模原での同プロジェクトの象徴となる共用棟「リング」へ直接アクセスできる接続ブリッジを設け、セキュリティを担保しながら共用棟内のさまざまなアメニティ設備にアクセスしやすい環境を整える。

相模原の内陸工業都市としての特性、里山という地理的特徴を反映し、内装には工業的な印象を与える鉄やコンクリートに合わせて里山を表現する植栽や木調素材をインテリアに採用、リラックスできる空間の提供を目指す。

BCP(事業継続計画)の面では、地震対策としてプレストレストコンクリート免震構造の採用により安全性を確保。屋上への太陽光発電パネル設置、浄化した井水の利用など、CO2排出削減を目指し環境負荷軽減策を施す。


「相模原Ⅱ」の完成イメージ


「ALFALINK相模原」全体のイメージ(いずれも日本GLPプレスリリースより引用)

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事