新型コロナウイルス感染症への対応について

東京ロジファクトリー、埼玉・川越に第2物流センターを開設

東京ロジファクトリー、埼玉・川越に第2物流センターを開設

CRE開発の施設に入居、4315坪

東京ロジファクトリーはこのほど、埼玉県川越市に「川越第2物流センター」を開設したと発表した。

稼働開始は今年8月で、延べ床面積は4315坪。圏央道の坂戸ICから約4キロメートル、関越自動車道の鶴ヶ島ICから約7キロメートルに位置し、同社の既存営業倉庫の「鶴ヶ島物流センター」や「川越物流センター」と近接しており、荷役作業・倉庫・運送業務の連携が可能と説明している。

ピロティータイプの倉庫で、12枚設置しているシャッターから直接内部に接車、雨天でも円滑な荷役作業ができるのが強み。

同社は詳細を開示していないが、シーアールイー(CRE)が開発、2019年6月に竣工した物流施設「ロジスクエア川越Ⅱ」を1棟借りしているとみられる。


「第2物流センター」の外観(東京ロジファクトリー ウェブサイトより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事