メルマガの配信元アドレスが変更となりました

三菱倉庫がSBI系ファンドに10億円出資、AIやロボティクスなどDX関連のスタートアップと協業推進へ

三菱倉庫がSBI系ファンドに10億円出資、AIやロボティクスなどDX関連のスタートアップと協業推進へ

イノベーション創出目指す

三菱倉庫は6月25日、SBIホールディングス傘下のSBIインベストメントが設立・運営する投資ファンド「SBI 4+5ファンド」と組合契約を締結し、10億円を出資する方針を決めたと発表した。

同ファンドは国内最大級のベンチャーキャピタルファンド。次世代高速通信規格「5G」やIoT、ビッグデータ、ロボティクスに加えてヘルスケア(医療・介護)、インフラ(交通・エネルギー)、食品・農業など市場成長期待の高い領域でイノベーション創出が期待できる独自性の高い技術・サービスを保有するベンチャー企業を投資対象に設定している。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

三菱倉庫は同ファンドへの出資を通じ、AIやIoT、ロボティクスなどDX(デジタルトランスフォーメーション)関連のスタートアップ企業との協業を推進、新たな収益源となるビジネスの開発に取り組むとともに、物流業界の課題解決にも役立つイノベーションの創出を目指す。

(ロジビズ・オンライン編集部)

経営/業界動向カテゴリの最新記事