メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ユーグレナ、民間機初のバイオ燃料「サステオ」使用したフライト実施

ユーグレナ、民間機初のバイオ燃料「サステオ」使用したフライト実施

ホンダ機が鹿児島~羽田を飛行、今秋にサービス開始のチャーター機で利用者が選択可能に

ユーグレナは6月29日、プライベートジェット機「HondaJet Elite(ホンダジェットエリート)」でユーグレナのバイオ燃料「サステオ」を使用したフライトを実施したと発表した。民間航空機でサステオを使用したのは、世界で初めて。

サステオは原料に使用済み食用油と微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)由来の油脂を使用し、ユーグレナのバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントのBICプロセスで製造。国際規格「ASTM D7566 Annex6」に適合したものを既存石油系ジェット燃料と混合している。

フライトは同日午前11時に鹿児島空港を離陸し、約90分間の飛行を経て羽田空港へ無事着陸した。


鹿児島空港での記者会見の様子

2021年秋にサービス開始を予定している「HondaJet Elite」の一般向けチャーターフライトにおいて、申し込み時にサステオの使用をオプションとして選択可能になる。

ユーグレナが継続的にサステオの提供を、運航管理を行うJapan Biz Aviation(JBA)へ行うことで、チャーターフライト利用者が選択してサステオによるフライトの実施に致った。初年度は年12回程度の利用を見込んでおり、全ての利用者がサステオ使用を要望した場合でも十分に供給できる体制を整えているという。

サステオを使用した一般向けチャーター機に関しては、今後ユーグレナのウェブサイト上に特設ページを開設する予定。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事