メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本GLPが埼玉・北本で5・4万平方メートルの物流施設完成、山善やカインズなど入居し満床

日本GLPが埼玉・北本で5・4万平方メートルの物流施設完成、山善やカインズなど入居し満床

都心から40キロメートル圏内、圏央道に至近

日本GLPは7月21日、埼玉県北本市で新たな物流施設「GLP北本」が完成したと発表した。

地上4階建ての耐震・鉄骨造で延べ床面積は5万4478平方メートル。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

都心から約40キロメートル圏内で、圏央道の桶川加納ICから約2・7キロメートル、桶川北本ICから約4・9キロメートルに位置し、東北自動車道、関越自動車道双方へのアクセスにも強みを持つ。国道17号線まで約1キロメートル。

JR高崎線の北本駅から2・9キロメートル、桶川駅から2・3キロメートルで住宅エリアにも近く、労働力確保でも優位性があるとみている。

入居企業は工作機械・工具、住宅設備・家庭機器等の専門商社の山善、ホームセンター大手のカインズ、物流企業の日本ロジステックがサブリースしたアドビュートが確定、竣工前に満床が確定した。

日本GLPは併せて、施設が立地している北本市と「災害時における支援物資の集積・輸送拠点等に関する協定」を締結した。物流施設の倉庫スペースを緊急支援物資の一時保管施設として提供、迅速な復旧・復興を後押しする。


GLP北本の外観


協定を締結した日本GLP・帖佐義之社長(左)と北本市・三宮幸雄市長(いずれも日本GLPプレスリリースより引用)

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事