メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本GLP、神奈川・相模原の巨大物流施設開発「アルファリンク」で2棟目完成

日本GLP、神奈川・相模原の巨大物流施設開発「アルファリンク」で2棟目完成

10・2万平方メートル、専用施設として運営

日本GLPは10月26日、神奈川県相模原市で新たな物流施設「GLP ALFALINK(アルファリンク)相模原3」が竣工したと発表した。

同社は相模原市で、先進的な物流施設を計4棟、総延べ床面積約67万平方メートルを開発する独自のプロジェクト「ALFALINK」を進めており、「相模原3」は2棟目となる。これまでにも同社の物流施設を利用している企業が入居、専用施設として1棟全体を使う。具体的な社名は開示していない。

「相模原3」は地上4階建て、PC免震で延べ床面積は10万1602平方メートル。1 階の天井高を標準よりも高くし、自動化・省人化をはじめとした最新技術を利用した庫内作業にも対応できる仕様を採用した。両面バースを備え、物流業務の効率化をサポートする。

施設全体に空調設備と大型シーリングファンを設置し、就労環境の快適性を追求。太陽光発電設備を取り入れ、再生可能エネルギーの利用を推進する。


「GLP ALFALINK 相模原3」の外観(日本GLPプレスリリースより引用)

「相模原3」は当初の計画よりも早い段階で入居が決定。2年以上計画を繰り上げ、BTS型物流施設として建設を進めてきた。

相模原では今年9月、4棟の中で最大規模となる33万1343平方メートルの「GLP ALFALINK相模原1」が竣工。4棟全体の完成は2023年となる予定。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事