メルマガの配信元アドレスが変更となりました

アスクル、新たに三菱自動車製の軽EV「ミニキャブ・ミーブ」7台導入

アスクル、新たに三菱自動車製の軽EV「ミニキャブ・ミーブ」7台導入

東京の2センターで採用、計21台に

アスクルは7月30日、ラストワンマイル配送で使用する車両として新たに三菱自動車工業の軽商用EV(電気自動車)「ミニキャブ・ミーブ」を7台導入したと発表した。

アスクルは2016年、12台の電気自動車の使用を開始。今回新たに、東京の新木場物流センターと世田谷営業所に7台を採用、配送で使用を開始している。

道幅の狭い都内での配送に適した小回りの利く車体でありながら、配送に十分な積載量が確保可能なのが強み。今回の導入で20年までに導入済みの小型EVトラックを2台も合わせ、計21台の配送車両がEV車両となった。

また、物流センターへの再生可能エネルギーの導入を進め、本社・物流センター・子会社を含めたグループ全体における電力使用量の38%が再生可能エネルギーへ切り替わった。同社は17年の「EV100」(※1)「RE100」(※2)に同時加盟して以降、「2030年CO2ゼロチャレンジ」を掲げ、脱炭素社会の実現に向けた取り組みを加速させている。

※1「EV100」(Electric Vehicles 100%)=企業による電気自動車の使用や環境整備促進を目指す国際ビジネスイニシアチブ

※2「RE100」(Renewable Energy100)=事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が参加する国際ビジネスイニシアチブ

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事