ただいまβ版を配信中 LOGI-BIZ online

東京商工リサーチ調査で運輸業の11月倒産が24件と今年最多に

東京商工リサーチ調査で運輸業の11月倒産が24件と今年最多に

 東京商工リサーチ(TSR)が12月10日に発表した「月次全国企業倒産状況」によると、11月の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は前年同月比6.0%増の718件、負債総額は16.7%減の1212億7900万円だった。

 産業別倒産件数は10産業のうち6産業で前年同月を上回った。このうち運輸業の倒産件数は50.0%増の24件で今年最多、また負債総額は423.68%の42億6800万円と大幅に増加した。倒産が目立つのはサービス業243件(24.6%増)、小売業99件(8.7%増)、製造業86件(16.2%増)。サービス業では美容業、印刷業、宿泊業などで倒産が増えている。

(鳥羽俊一)


画像はTSRウェブサイトより

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事