メルマガの配信元アドレスが変更となりました

伊藤忠、豪州のグリーン水素サプライチェーン構築事業化調査を共同実施

伊藤忠、豪州のグリーン水素サプライチェーン構築事業化調査を共同実施

現地企業など3社と協業、製造・貯蔵や輸出を視野

伊藤忠商事は8月18日、Dalrymple Bay Infrastructure Limited(オーストラリア、DBI)(※1)、North Queensland Bulk Ports Corporation Limited(オーストラリア、NQBP)、Brookfield Asset Management Inc.(カナダ、Brookfield)(※2)の3社と、豪州におけるグリーン水素製造・貯蔵、豪州からのグリーン水素輸出を含めたサプライチェーン構築に関する事業化調査を共同実施することで合意したと発表した。

本協業覚書の締結に基づき、豪クイーンズランド州政府が所有し、DBI社が運営するDalrymple Bay Terminal(DBT)で遊休地を活用したグリーン水素の製造・貯蔵や、DBTの既存輸出設備を活用したグリーン水素の輸出を含めたサプライチェーン構築に着手。2021年中に第1段階の事業化調査を開始する予定で、商業生産に向けて段階的に調査を実施する。

DBTは、クイーンズランド州政府が指定する再生可能エネルギーの開発地帯Renewable Energy Zoneの中心に位置し、グリーン水素生産拠点として期待を集めている。また、DBTが含まれているHay Pointエリアはクイーンズランド州政府から持続可能な開発に適切な港湾として指定されており、既存輸出設備の改修・拡大で水素の輸出体制を整備しやすい港湾。グリーン水素サプライチェーンを構築するには最適なロケーションの1つと見込まれている。

※1 締結当事者は、DBI社の100%子会社であるDBHex Management Pty Ltd。
※2 締結当事者は、Brookfield社傘下のBrookfield Infrastructure Group (Australia) Pty Ltd。


事業化調査参加各社

8/18に開催された豪州Queensland州政府と事業化調査の協業各社による公表の様子

Dalrymple Bay Terminalの様子

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

経営/業界動向カテゴリの最新記事