メルマガの配信元アドレスが変更となりました

DNPや三菱ケミカルなど、原料から最終製品まで追跡可能なサプライチェーン構築の実証試験

DNPや三菱ケミカルなど、原料から最終製品まで追跡可能なサプライチェーン構築の実証試験

ブロックチェーン活用、バイオマスやリサイクル原料の活用後押し

大日本印刷(DNP)は8月25日、三菱ケミカル、リファインバースグループと連携し、オランダ・サーキュライズ社の情報管理システムを活用してバイオマスやリサイクル原料の管理・追跡(トレーサビリティ)、ライフサイクルアセスメント(LCA)などの環境負荷の評価指標への対応を含めた、透明性・信頼性の高いサプライチェーン構築について、9月末まで共同で実証試験を行うと発表した。

石油由来プラスチックの代替となるバイオマスやリサイクル原料などの持続可能な資源を活用していくためには、原材料の使用量などの管理、認証材料といったエビデンス管理が重要。また、各サプライヤーのCO2などGHG排出量の可視化、最終消費者への製品の環境配慮度の見える化も求められる。

こうしたニーズに対し、サーキュライズ社はパブリックブロックチェーンを利用し、原料から最終製品まで追跡するサプライチェーン・トレーサビリティシステムを開発している。機密性の高い独自の暗号化技術により、サプライチェーン内の各企業の機密情報や公開情報を管理・共有することが可能という。

DNPと三菱ケミカル、リファインバースグループの3社は今回、同実証を通じて、イオマスやリサイクル原料を使用した製品のさらなる高付加価値化や認証材料の管理にも寄与する高いトレーサビリティ精度を有するサプライチェーン構築の有用性を検証したい考えだ。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事