メルマガの配信元アドレスが変更となりました

米アマゾン、パートタイマーの従業員75万人対象に大学の授業料を全額負担へ

米アマゾン、パートタイマーの従業員75万人対象に大学の授業料を全額負担へ

来年1月以降、福利厚生拡充し人材確保目指す

米アマゾン・ドット・コムは9月9日、米国の物流施設で働いているパートタイマーの従業員75万人を対象に、大学の授業料を全額支払うと発表した。

2021年1月以降、入社90日目以降の従業員について、米国内の数百の教育機関で学位を取得する際、授業料と教科書の購入費、手数料をアマゾンが負担する。併せて、高校卒業資格取得を支援するプログラムを提供したり、英語を母語としない従業員が英語の資格を取るための費用をサポートしたりすることも打ち出している。

アマゾンは既にパートタイマーの従業員に学費の95%を負担する制度を運用している。インターネット通販の利用が急増する年末の休暇シーズンを前に、教育分野の福利厚生を拡充して人材の確保やつなぎ止めを図る。ウォルマートなどライバルの大手小売企業が教育分野の支援を強化していることも念頭にあるとみられる。

(藤原秀行)※イメージ写真はアマゾン提供

雇用/人材カテゴリの最新記事