メルマガの配信元アドレスが変更となりました

富士通、船舶同士の衝突リスクを高精度に予測するAI技術を確立

富士通、船舶同士の衝突リスクを高精度に予測するAI技術を確立

海保との実証実験で有効性確認、22年3月までにサービス提供開始目指す

富士通は9月28日、国内で初めて、湾内などの複雑な航路を含む海域で船舶同士の衝突リスクを高精度に予測するAI技術を確立したと発表した。

2020年11月~21年9月の間、海上保安庁からの請負契約に基づき、海上交通管制業務へ新技術を適用した実証実験を共同で展開、有効性を確認した。

AI技術は、船舶の現在位置やスピード、向きなどのデータを学習したAIが算出する従来の衝突リスク予測に、航行中の船舶が航路に沿っている度合いを算出する新たなアルゴリズムを追加。衝突リスクをより高精度に予測できるようにした。航路に沿った進路変更などを危険な操舵とみなさず、船舶の衝突リスクが高いアラートに絞って検知可能にする。

AI技術を活用し、海上交通管制業務を行う横浜市の「東京湾海上交通センター」で実証実験を行った結果、特にアラートが多発する屈曲部を含む航路全体で、本来は検出不要な、過剰なアラートを約90%抑制できたという。

富士通は対象船舶の早期認知や衝突回避のための迅速な初動対応を支援し、海上交通管制業務における負荷軽減とヒューマンエラー低減による海上交通の安全性向上に貢献することを目指す。

実証実験の成果を踏まえ、海上交通管制や船上の見張り業務向けに、新たに強化したAI技術「Fujitsu Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」を適用し、2022年3月までに安全航行支援サービスの提供を開始したい考え。


衝突リスク予測の従来比較イメージ


衝突リスク予測の画面比較イメージ(いずれも富士通ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事