メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ヤフーとヤマト、「梱包レス」発送のデモ公開

ヤフーとヤマト、「梱包レス」発送のデモ公開

宅配ロッカーに商品収めると、ドライバーが梱包材入り専用バッグで集荷

ヤフーとヤマト運輸は9月30日、東京都内で、ヤフーが運営しているインターネットオークション「ヤフオク!」とフリーマーケットサイト「PayPayフリマ」向けの匿名配送サービス「ヤフネコ!パック」で落札者や購入者へ商品を発送する際に梱包をヤマトが代行する実証実験のデモをメディアに公開した。

「梱包レス」発送の実証実験はオープン型宅配ロッカー「PUDOステーション」やヤマトの営業店を活用し、10月1日から11月1日まで都内で実施する。送り手が梱包する手間を省くことでネットオークションやフリーマーケットの利用促進を図りたいヤフーと、荷物の取り扱い量を伸ばしたいヤマトの思惑が一致した。

この日は実験の正式スタートを前に、東京都江東区豊洲のヤマト営業店「クロネコスタンド豊洲4丁目センター」でデモを実施。ユーザー役に扮した女性が、荷物としてビニール袋に入れただけで梱包していない帽子をそのままロッカーに預けた後、ヤマトのドライバーが緩衝材を内部に取り付けている専用バッグに収めて集荷。営業店のスタッフが梱包して段ボールに収納するまでの流れを再現した。

公開後、メディアの取材に応じたヤフー ヤフオク!統括本部セラー・決済開発部の矢作裕之氏とヤマトEC事業本部営業戦略部の杉浦兼久アシスタントマネージャーは「お客様に発送方法のさまざまな選択肢を提供することで当社サービスの利便性向上につながるかどうかを見ていきたい。成果と課題を踏まえ、より広域で実証実験を行う可能性もある」と説明した。


梱包せず荷物をPUDOステーションに収める


2次元バーコードで登録して扉を閉める


ドライバーが手袋を付けて回収


専用バッグに収納


営業店スタッフが梱包を代行

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事