メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【動画】ウェザーニューズ、周囲50キロメートルを30秒で3次元観測する新型レーダーの実証実験開始

【動画】ウェザーニューズ、周囲50キロメートルを30秒で3次元観測する新型レーダーの実証実験開始

雨雲を360度高速スキャン、ゲリラ豪雨や線状降水帯の予測精度向上へ

ウェザーニューズは10月14日、独自に開発した高頻度観測小型気象レーダー「EAGLEレーダー」を千葉県内に設置し、レーダーの有効性を確認する実証実験を開始したと発表した。2022年6月にかけてレーダーの精度評価と最終調整などを行う。

EAGLEレーダーは、小型の気象レーダーで、周囲360度を高速スキャンし雲の立体構造を高頻度で観測する。

従来の「WITHレーダー」は3次元観測に5分を要するところ、EAGLEレーダーは30秒で素早く観測できる点が特長。半径50キロメートル以内の積乱雲の発達状況をほぼリアルタイムに捉えられるため、ゲリラ豪雨や線状降水帯、大雪、突風、ヒョウなど、突発的かつ局地的に発生する気象現象をより正確に把握することができるという。

ウェザーニューズの予報センターで同レーダーによる監視を行い、観測データを予報精度向上に活用する。また、道路の管理事業者による除雪作業判断の支援など新サービスの開発も目指す。

さらに、2年以内に日本を含むアジアの計50カ所に設置を計画しており、グローバルな気象現象の監視体制を強化する。



実証実験のため「EAGLEレーダー」を千葉県八街市に設置する様子


実証実験のため千葉県八街市に設置した「EAGLEレーダー」

(動画・画像は同社ウェブサイトより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事