メルマガの配信元アドレスが変更となりました

JR東、列車荷物輸送サービス「はこビュン」で最大規模の取り扱いへ

JR東、列車荷物輸送サービス「はこビュン」で最大規模の取り扱いへ

上越新幹線「とき」使い、鮮魚類や日本酒140箱

JR東日本は11月8日、新幹線など列車を使った荷物輸送サービス「はこビュン」で、新たに上越新幹線で鮮魚類や日本酒を取り扱うと発表した。

11月11日に新潟駅を午前11時すぎに出発、大宮駅に午後0時42分に到着する「とき10号」を臨時で設定、客室の一部を利用して輸送する予定。取扱量はトータルで約140箱となり、同サービス開始以来の最大規模を見込む。輸送した商品は埼玉県内や東京・二子玉川などのスーパーマーケット、百貨店、駅構内催事売り場などで販売する。

同社は、はこビュンに関連して大宮駅での取扱量を拡大、物流拠点化する構想を進めている。今回の大量輸送もその一環と位置付けている。輸送業務全体はJR東日本物流が調整役を担う。

はこビュンのアピールのため、今回の輸送は商品用ステッカーなどを作成する。


はこビュンのロゴマーク


輸送のイメージ


ステッカーなど(いずれもJR東日本提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事