メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ヤマト、「宅急便をスマホで送る」がWeb領収書とAppleウォレットに対応

ヤマト、「宅急便をスマホで送る」がWeb領収書とAppleウォレットに対応

テレワーク普及などに対応、立て替え払いも容易に

ヤマト運輸は11月15日、宅急便の発送手続きをスマートフォンで完結できるサービス「宅急便をスマホで送る」に、Web領収書ダウンロード機能とAppleウォレットへの対応を同日開始したと発表した。

経理業務のペーパーレス化や、立て替え払いで発送する際の利便性向上を支援するのが狙い。

2019年9月から提供を開始した「宅急便をスマホで送る」は、送り状の作成から運賃のオンライン決済まで、宅急便の発送手続きをスマホの専用サイトで済ませることが可能。送り状の手書きが不要になり、事前に予約した2次元コードを店頭でかざすだけで荷物の発送ができるのが特徴だ。

近年、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うテレワークの普及などにより、会社の荷物を立替払いで送るケースが増えている。また、2022年1月に改正電子帳簿保存法が施行される予定なのを受け、経理業務のペーパーレス化が進んでいる。

これまでは、利用者が領収書を希望する場合、その都度手書きの領収証を発行していたが、Web領収書ダウンロード機能を追加したことにより、立て替え払いでの発送時もスマホで簡単に領収書をダウンロードできる。

また、経理業務のペーパーレス化に対応し、企業における紙の使用量削減や経理業務の効率化にも貢献する。

さらに、Appleウォレットに対応したことで、荷物の発送予定日に予約店舗へ近づいた際、アップル製端末の画面上に荷物情報の通知を表示できるため、通知からワンタッチで荷物情報の2次元コードを表示することが可能。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事