画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ナビタイム、法人向け運行管理サービスに気象災害対策機能を追加

ナビタイム、法人向け運行管理サービスに気象災害対策機能を追加

安全確保へ適正な対応をサポート

ナビタイムジャパンは12月6日、法人向け運行管理サービス「ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション」に関し、大雨などの気象災害時に、運行管理者とドライバーそれぞれに気象状況や輸送の安全を確保するための措置を講じる目安を表示、気象災害時の運行管理をサポートする機能の提供を12月14日に始めると発表した。

急な豪雨や大型台風が増えている中、ドライバーの安全や、安定した輸送を確保するための対応が必要とされており、2020年2月には、国土交通省が「台風等による異常気象時下における輸送の目安」を定めて通達を出している。

ナビタイムジャパンは物流業界の潮流を踏まえ、運行管理者とドライバーの双方が、ドライバーの現在地や目的地周辺の気象状況を把握し、輸送の目安と照らし合わせて適切な判断ができるよう、サポートを拡充する。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)

管理者向けの機能

これまで表示していた、各ドライバーの現在地と目的地の気象警報・注意報に加え、雨量と風速の予報と、国土交通省が2020年2月に定めて通達した「台風等による異常気象時下における輸送の目安」を表示。
気象警報が出ている場合に、そのエリアにいるドライバーや目的地としているドライバーを確認した上で、国交省通達の目安に沿った判断ができるようになる。

ドライバー向けの機能

現在地周辺で気象警報・注意報が出ている場合に、雨量と風速の予報、国交省通達の目安を通知。走行中(ルート案内中)は音声発話で、走行時以外の場合にはプッシュ通知でドライバーへ知らせ、走行前に現在地周辺の輸送基準の確認を促す。警報の詳細や輸送の目安をテキストで確認でき、地図上では既存の雨雲レーダー機能により、今後の降雨量を確認できる。

実際に警報の出ている地域で輸送をしているドライバー自身が、周囲の状況を把握し、輸送の目安と照らし合わせて自分自身で走行可能かの判断をしたり、管理者に指示を仰ぐなど、自発的に安全を確保するための行動を取ったりすることができるようになる。

また、ナビタイムジャパンでは、トラック専用カーナビ「トラックカーナビ」においても、9月からドライバー自身がその日の走行ルート上の天候と輸送の目安を確認し、輸送計画の変更や中止も検討できるよう「地点の気象警報情報」機能と、実際に災害が起きた場合の安全を確保するための「トラック防災手帳」機能の提供を開始している。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事