米アマゾン、航空貨物輸送を拡大

米アマゾン、航空貨物輸送を拡大

新たにリース10機追加

 米アマゾン・ドット・コムは12月21日、同社専用の航空貨物機を今後2年で10機増やすと発表した。

 提携先の米エア・トランスポート・サービシーズ・グループ(ATSG)の協力を得て、ボーイングのB767-300型機をリースする。

 アマゾンは現在、既に同社専用機を40機運用している。航空貨物輸送の規模を拡大し、有料会員向けの配送スピード向上や物流業務全体の効率化をさらに進めたい考えだ。

 同社は併せて、航空ハブ拠点の整備計画を公表した。2019年にはテキサス州のフォートワース・アライアンス空港で新たな貨物ハブ施設をオープン。ケンタッキー州のシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港の航空貨物ハブも今後大幅に拡張する予定。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事