画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

神奈川県とESR、災害時に物流施設を広域物資輸送拠点として活用する協力協定を締結

神奈川県とESR、災害時に物流施設を広域物資輸送拠点として活用する協力協定を締結

7カ所、今後開発物件も対象に

神奈川県とESRは12月21日、災害発生時に双方が連携して早期復旧に当たる「災害時における広域物資輸送拠点の開設等に関する協定」を締結した。

大規模な地震や水害などが起きた際、同県内にあるESRの物流施設内の車路やトラックバースなどを開放し、広域物資輸送拠点として提供することなどが柱。災害時の協力協定で物流施設の外構部分以外も利用できるようにするのは同県で初めてという。

ESRはこれまでに同県内で物流施設を3棟建設してきたほか、4棟の開発を進めている。協定はESRが今後新たに開発する物流施設も対象とする。

県庁で同日、協定の締結式に臨んだ黒岩祐治神奈川県知事は「私もちょうど東日本大震災の直後、知事に就任し、備えをしっかりやらないといけないということが県政を進める上で非常に大きなテーマとなった。いざという時に(配送拠点を)確保できるのは県民の安全・安心を守る上で大変重要であり、920万の県民を代表して心から御礼を申し上げたい」と謝辞を述べた。

ESRのスチュアート・ギブソン代表取締役は「弊社が7物件を擁する神奈川県は非常に思い入れのある場所。通常時のみならず災害時にも地域の皆様へ安全・安心を提供できることはまさに弊社の理念をかなえるものであり、今後も少しでも地域の皆様のお役に立てるよう、神奈川県のさらなる発展に貢献できるよう、弊社一同より一層精進するとともに、このような機会をいただけたことに心から感謝する」と応じた。

ESRが同種の協定を自治体と結んだのは全国で5カ所目。都道府県レベルは初めてとなる。


協定を締結した神奈川県の黒岩知事と、ESRのギブソン代表取締役

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事