画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

スズケンとNEC、埼玉・草加で稼働予定のセンターで入荷伝票入力や梱包品棚卸の自動化へ実証実験

スズケンとNEC、埼玉・草加で稼働予定のセンターで入荷伝票入力や梱包品棚卸の自動化へ実証実験

ロボット活用した運搬作業やフォークリフトの自律・遠隔制御も検討

スズケンとNECは2月17日、2024年3月に埼玉県草加市で稼働を開始する予定のスズケンの卸物流拠点「首都圏物流センター」の自動化・省人化に向け、NECのAIや物体認識などの先進技術を活用した「入荷伝票入力の自動化」と「梱包品棚卸の自動化」の実証実験を21年7~11月に実施したと発表した。

スズケン首都圏物流センターは医薬品の適正流通(GDP)ガイドラインに準拠した物流体制を構築。自動化・省人化で物流品質向上と業務効率向上の両立を目指している。その一環として、両社は実験で物流センター内の入荷伝票入力・棚卸作業の精度向上と効率性アップの両立を追求。その結果、有効性を確認するとともに、一層の業務効率化に必要な知見を得ることができた。

新センターはプロロジスが開発している地上4階建ての物流施設「プロロジスパーク草加」の2~3階部分(延べ床面積6万7033平方メートル)に入居、3万7000品目を保管可能とする計画。


新センターが入る予定の「プロロジスパーク草加」竣工イメージ(スズケンプレスリリースより引用)

入荷伝票入力の自動化は、NECのAIを活用したOCR(光学文字認識装置)を利用。実験で439書式中、半分に近い204書式の納品伝票で90%以上の入力自動化を達成し、入荷伝票入力に要する業務時間を75%削減可能となると確認した。

AIを活用したOCRに納品伝票6000枚以上の画像を学習させ、従来型のOCRでは正確な読み取りが困難だった記載文字を高い認識率で把握できるようにした。AIを活用したOCRでも認識できない入荷伝票は1人のスタッフがリモートで入力、遠隔地に居ながら複数の物流センターの業務に対応可能となった。

梱包品棚卸の自動化・省力化はNECの同時物体認識技術を採用。紙の帳票やハンディターミナルなどを使い人手で対応していた梱包品の棚卸作業を、ベルトコンベアーのライン上に設置したバーコードリーダーを使い、100%の自動化を成し遂げた。

併せて、バーコードリーダーが撮像した段ボールなどの梱包品の画像データを事前に画像登録したマスタデーターと照合して梱包品を個別認識することで、包装変更を確認できるようにした。同時に梱包品の側面に記載されているロットや使用期限、賞味期限といった情報を画像データからOCRで読み取り、自動的にシステム登録することにも対応している。

両社は実証実験で得られた知見を生かし、一層の業務効率化を図るとともに、今後はロボットを活用した運搬作業やフォークリフトの自律・遠隔制御により、物流センター内のさらなる自動化・省人化を目指す方針。


実験に活用したシステムの概要(プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事