画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

トルビズオン、福岡・宗像でイオン九州と連携しドローン配送の実証実験へ

トルビズオン、福岡・宗像でイオン九州と連携しドローン配送の実証実験へ

「空の道」構築、「サービスが人の近くに移動」実現目指す

ドローンの安全飛行支援を手掛けるスタートアップ企業のトルビズオンは2月18日、福岡県宗像市と3月6日に共同で、イオン九州の協力の下と、ドローンを用いた配送の実証実験を実施すると発表した。

トルビズオンが提供する「Sora:Share(ソラシェア)」は2018年10月に開始した、ドローンが安全に空を飛行するためのサービス。土地所有者とドローンユーザーが上空の利用権を取引できるようインターネットで仲介、安全に飛行できる「空の道」を整備している。

今回の実証実験ではトルビズオンがドローンの安全飛行のための航路敷設(ドローンの飛行ルート設計・設定)をソラシェア上で行い、当日のドローンオペレーションも担当する。

宗像市自由ヶ丘地区では、「サービスが人の近くに移動してくる社会」との概念を検証するため積極的に実証実験を受け入れている。21年10月から商業施設や店舗が人の元へ移動し、サービスを提供する次世代移動型店舗の「ショップモビリティ事業」に関する実験を展開している。今回のドローン配送実証実験はより個別で自由度の高いサービスを住民の元に届けるための課題を探る。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)
日時:2022年3月6日(日曜日) 13〜15時
場所:宗像市立自由ヶ丘中学校(グラウンドにドローン着陸予定)

実験はイオン九州と連携し、住民による日用品の注文応対から、ドローンポートへの車両配送を担当。物資のドローンへの積み替えとドローンの自律飛行による住民への商品輸送を行う。注文された商品が店舗からドローンへ、ドローンから注文者へと輸送される構造は、今後の「サービスが人の近くに移動してくる社会」の実現に向けて極めて重要な要素となると位置付けている。

(画像はトルビズオン提供)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事