画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ドコモ、米スカイディオの産業特化型ドローンを法人顧客向けに販売開始

ドコモ、米スカイディオの産業特化型ドローンを法人顧客向けに販売開始

デジタル16倍ズーム機能など搭載、熱感知も可能

NTTドコモは3月17日、米国の自律飛行型ドローンメーカーSkydio(スカイディオ)が提供するドローン「Skydio X2」シリーズを、法人の顧客向けに同日から販売すると発表した。

併せて、ドローン「Skydio 2+」の注文受付も同日スタート。2022年4月下旬以降に発売する。

「Skydio X2」シリーズは新たにスカイディオが手掛ける産業特化型機体。従来の機体と比較し、バッテリー容量が向上したほか、広範囲な状態確認が行えるデジタル16倍ズーム機能やサーマルカメラを搭載するなど、さまざまな機能を付加している。

ドコモは「Skydio X2」シリーズとして「Skydio X2E」と強固なセキュリティ対策を施した「Skydio X2D」の2機種を取り扱う。この2機種の操作画面は、カラー映像に加えサーマルカメラで取得した対象物の熱源をモノクロまたはカラーで色表示できる上、タッチパネル操作で画面切り替えが容易に行える。

さらに、専用のコントローラ「Skydio Enterprise Controller」は、操作画面を外部出力できるため、映像伝送装置などを用いて離れた拠点へ映像伝送が可能。

「Skydio 2+」は「Skydio 2」の後継機で、全方位に障害物回避技術を搭載し、これまでは飛行が難しかった狭い場所などで安全に飛ばせるのが特徴。さらに、旧来の機体より飛行時間を延長しており、1回の飛行でより長時間の撮影に対応できる。

パイロットと機体間の通信品質を強化する外部アンテナ機構を有し、良好な通信を維持するよう配慮。GPSを使いづらい環境でもドローンを既定の場所へ安全に帰還させる「Visual Return-to-Home」などを有した「Skydio Autonomy Enterprise Foundation」を使えるのもメリット。


「Skydio 2+」


「Skydio X2E」(NTTドコモ提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事