画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

川崎重工、無人自律走行の多用途UGVで工場内物流無人化の実証実験

川崎重工、無人自律走行の多用途UGVで工場内物流無人化の実証実験

エンジン運搬に成功、早期の実用化目指す

川崎重工業は3月28日、工場内物流の無人化を目的として開発した多用途UGV(無人配送ロボット)による物資輸送の実証実験に成功したと発表した。

同実験はモーターサイクル製造ラインを対象に、有人トラックで行っている工場内のエンジン運搬を、無人自律走行の多用途UGVに置き換え可能であるかどうかを見極めるため、3月に兵庫県の明石工場で実施。多用途UGVに1回当たり15台のエンジンを積載し、エンジン工場から300メートルほど離れたモーターサイクル組立工場まで無事搬送した。

同社は多用途UGVの活用でエンジン運搬業務を効率化できると見込んでおり、早期の実用化を目指す。

同社が開発した多用途UGVは、高い走行性能を誇るカワサキモータース製のオフロード四輪車両”MULETM”に、無人自律走行用のシステムを搭載。レールなどを使わない無軌道走行のため、工場に導入する場合は追加設備が不要で、狭い通路でも自動走行が可能。さらに、走行ルートの変更を容易に行えるため、製造状況に応じた行先の変更や製造ラインの変更にも柔軟に対応できるのがメリットだ。

実験で使用した車体のパワーユニットにはEV(電気自動車)を採用し、工場内走行を行うため足回りはオンロードスタイル、また車上設備はエンジンの輸送に最適なキャリアスタイルをそれぞれ採用。充電環境の確保が難しい場所や未舗装路の走行には、エンジンを搭載したオフロードスタイルを選択するなど、活用するフィールドに即して車体をカスタマイズできるようにしている。

※以下、プレスリリースより引用

パワーユニット エンジン(内燃機関仕様)もしくは電動モーター搭載(EV仕様)
足回り “MULE”の強みを活かした未舗装路で走行可能なオフロードスタイルもしくは舗装路走行を意図したオンロードスタイル
車上設備 人の乗車を目的としたシートスタイルもしくは搬送物に合わせたキャリアスタイルなど

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事