画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

YEデジタルの倉庫自動化システム、プラスオートメーションのロボット管理システムと連携

YEデジタルの倉庫自動化システム、プラスオートメーションのロボット管理システムと連携

ロボットソーターなどの導入円滑に、倉庫自動化加速

安川電機グループのYE DIGITAL(YEデジタル、旧安川情報システム)とプラスオートメーションは7月21日、YEデジタルのWES(倉庫自動化システム)「MMLogiStation」とプラスオートメーションが展開しているロボット管理システム「+Hub」の連携を開始したと発表した。

WESとプラスオートメーションが提供している次世代型ロボットソーター「t-Sort」が、「+Hub」を介して連携することで、仕分け前工程の保管設備から仕分け後のピッキング・搬送まで円滑に自動化できるようになると見込む。


次世代型ロボットソーター「t-Sort」(プラスオートメーション提供)

仕分け後の搬送工程で動く他社製のAGV(無人搬送ロボット)やAMR(自律協働ロボット)とt-Sortを連動させ、梱包場への搬送を自動化することも可能。

YEデジタルは保管設備やゲート式仕分け設備についても、2022年内の連携開始に向け準備を進めている。倉庫内の自動化促進を幅広くサポートしていく考えだ。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事