画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

大王製紙など、異なる運送事業者間で長距離輸送を効率化する中継輸送の実証を実施

大王製紙など、異なる運送事業者間で長距離輸送を効率化する中継輸送の実証を実施

トラックドライバーの負担軽減図る

大王製紙と伊藤忠ロジスティクス、三井倉庫ロジスティクス、デンソーテンは4月、商品を積載する荷台(コンテナ)部分を着脱できるスワップボディコンテナ車両を利用し、異なる運送事業者が四国~関東間で中継輸送する実証実験を3月7~11日に実施したと発表した。

荷主と運送事業者のマッチングやトラックとコンテナの整合性を図ることで、異なる運送事業者が参画できる中継輸送の可能性を確認した。さらに、一部の運行では輸送業務と荷役作業を分離し、荷役作業を荷主サイドが担うことで、ドライバーの体力的な負担軽減や長時間労働の改善につながった。

各社は「スワップボディコンテナ車両を活用した中継輸送は、トラックの走行距離や待機時間のアイドリングが削減され、CO2排出量を抑える効果が期待できると考える」との見方を示した。

実験に参加した運送事業者はアートバンライン、遠州トラック、フジトランスポート、優輪商事の4社。

中継輸送は既に同一運送事業者で行われており、今回は異なる運送事業者を組み合わせているのが特徴。荷主と運送事業者のマッチングを行い、ドライバーが間違ったコンテナを運ばないよう、QRコードを用いた「幹線中継輸送運行管理システム」を使用した。

<実証実験の様子>

トラック到着後 コンテナを脱着


別のコンテナは荷主による荷積みが完了


コンテナのQRコードと運行表のQRコードをスマートフォン専用アプリでペアリングし、出発

(藤原秀行)※画像はいずれも各社提供

nocategoryカテゴリの最新記事