画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

川崎汽船、横浜港で同社初の完成車ターミナル運営開始

川崎汽船、横浜港で同社初の完成車ターミナル運営開始

8000台蔵置可能、風力発電の電力活用し脱炭素推進

川崎汽船は4月28日、ダイトーコーポレーションと共同で、4月から川崎汽船グループとして国内初となる完成車ターミナル「横浜港大黒 C-4 ターミナル」の運営を開始したと発表した。

4月5日に自動車専用船「IVORY ARROW (アイボリー・アロー)」が川崎汽船の運航船として初めて寄港。4月15日にターミナル運営者による安全祈願式と開所式を行った。

同ターミナルは約8000台の蔵置が可能。完成車(新車・中古車)の輸出や積み替え基地としての機能に加え、ターミナル内の大型屋根付き作業施設を活用することでブレークバルク貨物など多種多様な貨物を取り扱えるようにしており、多様な輸送ニーズに対応する。

同ターミナルで使用する電力は、再生可能エネルギー由来の実質CO2排出ゼロの電力を採用、脱炭素を推し進める。具体的にはUPDATERの再生可能エネルギー事業「みんな電力」のブロックチェーン技術を活用した電源特定サービス(電力調達先の発電所を指定して電力供給を受けるサービス)を利用し、風力で作られた再生可能エネルギー100%の電力を調達する。


運営を開始したターミナル(川崎汽船プレスリリースより引用)

<ターミナル概要>
名称:横浜港大黒 C-4 ターミナル
所在地:神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭 22 番及び 24 番
事業内容:完成車ターミナル事業
岸壁全長:350m(1バース)
水深:15m
敷地面積:約153,500 m2(バース部分含む)
蔵置可能台数:約8,000 台

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事