画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

UDトラックスと PTCが設計部門などのデータ連携加速、サプライチェーン強靭化図る

UDトラックスと PTCが設計部門などのデータ連携加速、サプライチェーン強靭化図る

問題点の早期発見など実現、多様なリスクに迅速対応可能に

UDトラックスとCAD(コンピューターを活用した設計)やPLM (製品ライフサイクル管理システム)などのソフトウェアを提供するPTCジャパンは5月12日、UDトラックスにおけるエンジニアリングチェーン(製造過程における設計部門を中心とした業務)とサプライチェーンのデータ連携を加速するための新たなシステムを開発すると発表した。

製品に関するデータの活用と情報共有を進め、多様なリスクに対応できる強靭なサプライチェーンを構築するとともに、ものづくりの中核を占めるエンジニアリング能力を高めるのが狙い。

UDトラックスはエンジニアリングチェーンに関し、製品の品質とコストの8割程度を決定すると言われている設計段階で効率化と生産性向上を図るため、PTCと連携し、トラックなどの商用車の設計に必要なデータ連携を進めてきた。

PTCが提供する3D CADの「Creo」やPLMの「Windchill」を利用し、設計部門が3D CADで構成したデータ情報と製造部門で流通する部品表などのデータを統合したデジタルモデルを構築。双方がスムーズに連携し、設計段階における問題点の早期発見、品質向上、後工程での手戻りによる無駄の排除などで効果を挙げている。

新たにPTCが提供する工場のIoT支援システム「ThingWorx」などを駆使し、進行中の設計における試作品の試験データを仮想空間のデジタルツインに再現、より迅速に問題の把握と対策を講じるなどの取り組みを実現する予定。

(藤原秀行)※写真はPTCジャパン提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事