画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

近商ストア、加工食品など扱う物流センターを大阪・南港エリアで6月1日に移転・稼働

近商ストア、加工食品など扱う物流センターを大阪・南港エリアで6月1日に移転・稼働

日本GLP開発の物流施設に入居、1.1万㎡で全店舗カバー

関西で食品スーパーを展開している近鉄グループの近商ストアは5月17日、加工食品や日用品などグロサリー商品を扱う物流拠点「泉佐野ドライセンター」(3072坪、約1万100平方メートル)を、現在の大阪府泉佐野市から大阪市住之江区の南港エリアに移転、6月1日に稼働を始めると発表した。

新センターは日本GLPが開発した物流施設「GLP大阪」の1階に入居し、「近商ストア南港物流センター」として運営。賃借面積は3231坪(約1万700平方メートル)で、同社の全37店舗をカバーする。

阪神高速湾岸線の出入り口に近く、大阪メトロのニュートラム駅のそばに立地。配送効率向上などのロジスティクス改革を推進するほか、勤務する従業員の利便性向上も図る。


センターが入る建物の外観(プレスリリースより引用)

<センターの概要>

名称 近商ストア南港物流センター
所在地 大阪市住之江区南港南2丁目4番43号(GLP大阪1階部分)
建物構造・規模 鉄筋コンクリート造地上7階建
交通 ニュートラム南港東駅から徒歩1分/阪神高速道路南港中出入口から至近
賃借面積 3,231.25坪(事務所面積157.92坪を含む)
取扱品目 加工食品・菓子・飲料・酒・日用品など
開設日 2022年6月1日(水)
供給店舗 近商ストア全店舗(37店舗)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事